AJSTCC2018 お知らせ






AJSTCC 2018

全日本セルフトライアルチャンピオンカップ2018

主催:チャイナカップトライアル

 

競技会名称:

全日本セルフトライアルチャンピオンカップ 2018

AJSTCC 2018(All Japan Self Trial Champion Cup 2018)

 

開催日時:

平成30年11月25日(日)

雨天決行(毎年11月の第4日曜日に開催)

 

開催会場:

広島 スポーツランド タマダ

〒 731-0202 広島市安佐北区大林町 2137-2

TEL 082-818-7198  FAX 082-818-3949

http://www.sl-tamada.com/

 

参加競技会:

●九州サムクライムトライアル チーム

●東海でら!トライアル チーム

4×4MESA AOGAKIトライアル チーム

関西4x4ゲリラトライアル チーム

チャイナカップトライアル チーム

 

参加資格:

各競技会の選抜 Max15名 Min10名の5団体(Min10名に足りない地区は、足りない人数分×オール10点減点(総減点60点)の計算になります。)

 

トライアル経験者であること。(トライアル経験中級者以上)

 

競技中に発作等の起こり得る持病の保有者はエントリー出来ません。

 

参加台数:

Max 75台

 

エントリー方法:

各競技会代表者は11月15日(厳守)までにメンバー表を主催事務局まで御連絡下さい。(別紙)

正式エントリーは当日の朝に行います。当日は、一括エントリーで行いますので各地区代表者は全員分の受け付け・エントリー費・誓約書等を提出して下さい。Wエントリーも可能です。

 

エントリー費:

5,000円/1台(昼食代500円含む)

 

開催当日に各競技会の責任者が一括でエントリー費他の徴収お願い致します。(追加の昼食代も含む)ゴミ等は全て各自でお持ち帰り下さい。

 

表彰:

優勝・2位・3位・4位・5位・6位(AJSTCC スーパーゼッケン+商品)

SS賞(商品)

 

競技内容:

四輪駆動車によるオブスタクルトライアル大会(セクション別減点法)

個人戦と地区別対抗戦の2部構成とします。

 

車両規則:

各競技会のレギュレーションに合致している車両 但し、ニールカットブレーキ・FF走行リア左右独立2本レバーサイドブレーキ・4WSの装着車両は使用を禁止します。(使用しなければ装着されていても可)

 

各競技会でのレギュレーションが異なる為に統一は当然出来ませんので、一切の抗議・クレーム等は受け付けません。

 

各大会の出場車両でも、1番車両レギュレーションの緩和?な関西4X4ゲリラトライアルのレギュレーションに合致していれば合格とします。

 

但し選抜選手のハイレベルな大会ですので、各自安全面だけは十分に徹底の程御願い致します。

 

車両のレギュレーション等が重要ではなく、参加選手・主催者等は年1度のお祭り・交流の場としてお考え下されば幸いです。

 

競技規則:

ホイールベース以下以上関係無くバック全て:減点1点

 

②テープタッチ&ポールタッチ&ミスコース・逆走&タイムオーバー&危険行為(シートベルト外れ等)&落下物:減点10点

 

③停止カウント:5カウント(実質10秒):減点5点

(東海でら!トライアル・関西4×4ゲリラトライアル・MESA AOGAKIトライアル規則と異なるので御注意下さい。)

さらに動けない場合は10カウント(実質20秒)声を出さずに数え、再び5カウント(実質10秒)+減点5点で総減点10点に成ります。

 

④タイムキーピング:1セクション:3分間(変更の可能性有り)

 

SSセクションもバック・テープタッチ・停止カウント等が有ります。

 

⑥セクションインは車両の先端 セクションアウトは車両の後端に成ります。

 

落下物は車内に置き忘れた物(工具・軍手・タバコ・サングラス等)のみ減点10点とし、本来車両に付いていたパーツ・部品等が落下しても、落下物とは扱わない。

但し、落下しないで、突起した状態の物(例えばオーバーフェンダー等)が、ポール・テープに接触した場合は減点10点とする。

ボールペン・牽引ロープ・ゼッケンは落下物には成らない。又、牽引ロープを引きずってポール・テープに接触しても減点10には成らない。

 

競技車両のドアが開いても、テープタッチをしなければ減点10点にはならない。

 

⑨セクションイン前の誘導レーン(黄色テープ部)に車両を並べた選手は、走行準備をして車両から離れてはいけない。

車両から離れた選手には、減点10点のペナルティを課します。(抗議・クレームは一切受け付けない)

 

セクションイン前の誘導レーン(黄色テープ部)以外でもセクション順番待ちで下車し、他競技車両が前に進めない場合は最後尾に並び直して頂きます。

 

オフィシャルの判定に対する抗議・クレームは一切受け付けない。

 

順位・賞典の決定は、減点数の少ない者 同一減点数の場合は、クリア数の多い者 同一減点数&同一クリア数の場合は、クリーン数の多い者 同一減点数&同一クリア数&同一クリーン数の場合は、SSでの通過タイムの速い者 同一減点数&同一クリア数&同一クリーン数&同一SSタイムの場合はペナルティ数が少ない者を上位とする。全てが同一の場合は順位も同一とする。

 

⑬エスケープするときは、車両をそのセクションに持ち込まないで、スコアカードに記入してもらえばそのセクションは減点10点とする。タイムオーバーの場合も、走っていないセクションは減点10点に成ります。

ただし、リタイヤした場合は、まだ走っていないセクションのオフィシャルリーダーに各々個人で減点10点を記入してもらって下さい。

 

⑭大会は全6セクションとし、主催チーム以外は各地区チームに1セクションを作って頂きます。

主催チームは全6セクションの内2セクション(SS含む)を作ります。

セクションとセクションの間は車一台分以上の間隔を確保してください。

担当地区セクションは 前日13:00頃にクジ引きにてセクション指定させて頂きます。

 

コース 仮 設定後 各団体の代表が各セクションを一緒に回り 最終チェックを行います。

代表5人のチェック済をもって、コース設定完了とし競技終了までコース変更を禁止とします。

 

主催地区以外の各地区チームは、作るセクション分のポール・テープ(赤・青・黄)・ハサミ・セットハンマー・キッチンタイマー・カゴ・オフィシャル用旗1セクション分・記入用画板等1セットを御用意下さい。(厳守!!!)

 

今回の大会で不成立セクション(通過者無)を設定した選考競技会は、地区対抗戦の比例ポイント50点マイナスに成ります(個人戦は関係無)ので御注意下さい。

 

セクション:

全6セクション(内1セクションはSS)同時フルオープン

6セクション同時フルオープンなので、午前&午後で6セクション全てを走って頂きます。

例えば、午前の走行時に6セクション全てを走り終えて頂いても、午前の走行時にコース下見だけで午後の走行時に6セクション全てを走り終えても結構です。

 

オフィシャル:

セルフトライアル形式

参加人数を12グループに分けて、走行とオフィシャルを行います。

グループ分けは参加メンバー表に基づき主催チームで割り振りを行います。

走り・オフィシャルを行う順番とセクションは、大会当日のドライバーズミーティングでくじ引きにより決定致します。休憩は有りません。

 

タイムスケジュール:

AM7:00 受け付け開始(受け付け&誓約書&エントリー費は各競技会の責任者が一括で提出御願い致します。)

 

7:30 までに受け付け終了

 

7:30~8:00 ドライバーズミーティング

 

8:30~9:45 第1ラウンド競技(6セク フルオープン)

 

9:45~10:00 オフィシャル交代

 

10:00~11:15 第2ラウンド競技(6セク フル オープン)

 

11:15~12:15 昼食休憩

 

12:15~13:30 第3ラウンド競技(6セク フルオープン)

 

13:30~13:45 オフィシャル交代

 

13:45~15:00 第4ラウンド競技(6セクフルオープン)

 

     ~15:10 スコアカード提出

 

15:30~      表彰式

 

全てのスケジュールは進行具合で前倒し運営致します。

ただし、参加台数に左右される場合も有りますので御了承下さい。

 

地区戦成績決定方法:

基本的には、各大会地区Max15台の総比例ポイント数での成績に成ります。

Min10台の場合は、その10台の地区に合わせて全ての各大会上位10台での総比例ポイントでの成績で順位が決定します。Min10台以下の地区が有る場合は、Min10台以下の足りない台数は全て60点満点として総比例ポイントを計算して地区戦成績に成ります。

 

比例ポイントについて:

最下位は1ポイントとしてそこから順位ごとに上位に向かって計算していく。

 

競技中の注意事項: